ストレスも引き金となる

原因と特徴を探ろう

悩み

心筋梗塞は中年男性に多い病として考えられていました。しかし、心筋梗塞を起こしてしまう原因は様々なため、比較的若い女性でもその危険性はあると言えます。心筋梗塞に繋がるとされる危険因子には色々なものがあります。高血圧や脂質異常などの肥満体型に多い症状は勿論、運動不足や喫煙、アルコールなどの生活習慣に関係してしまうものです。また、家族に心筋梗塞になった人がいる場合でも、遺伝などの観点から危険度は高いと推測されています。最近では女性の社会進出が一般的になっており、男性のようにガツガツ仕事に取り組む人も増えています。こうした性格も心筋梗塞を招くリスクになると言われています。心筋梗塞になりやすい人の特徴は、人との競争心が高い人や、妥協を許さない責任感の強い人、短期な性格な人であることが挙げられます。脈や血圧の上昇を後押ししてしまうため、温厚な人などよりも危険度が高まってしまうのです。

発症リスクを軽減させるため

心筋梗塞の症状はいくつかあります。胸の強い痛みや吐き気、冷や汗が止まらず呼吸困難に陥ってしまう人もいます。前兆としては左肩や背中、奥歯や下顎に痛みを感じることがあります。胸やみぞおちの圧迫痛や左手小指の違和感などもあるため、これらの前兆が起きている場合にはすぐに医療機関を受診しましょう。また、心筋梗塞の場合は前兆がなく突発的に起こる急性心筋梗塞を起こしている人も多いです。命に関わる重大な疾患と言えるため、定期的に検診を受けて心筋梗塞の可能性を逐一調べることが大切です。心筋梗塞はストレスによってもリスクが高まると言われているため、いつ襲いかかってくるか分からないです。専門医を受診し、病気の発症リスクを軽減させるため指導を受けることも重要と言えるのです。