新しいガン治療の登場

苦しい治療を余儀なくされる

悩み

がんと診断される人は多く、年齢や性別を問わずたくさんの人が闘病生活をおくっています。がんは発生する場所を選ぶことがないため、胃や肺、骨など身体の至るところに可能性があると言えるのです。また、がんには転移してしまうという特性があり、進行が進むと病巣から離れた場所にも転移が及ぶ恐ろしい病と言えるのです。がんの治療は主に3つあり、手術を行なう「外科的療法」と、手術では切除できない場所にあるがん細胞を破壊する「放射線治療」、抗がん剤を使用して身体の内部から病気の進行を食い止める「化学療法」に分けられます。転移が無い場合、手術や放射線治療などを用いて病巣を取り除くのですが、進行して転移が各所に見られる場合には化学療法がプラスされます。抗がん剤は身体全体を治療するために用いられるため、転移や浸潤を起こしてしまっているがんの治療には効果的と言えるのです。

これからの活躍に期待が高まる

がん治療は年々進歩しており、身体に負担の少ない治療方法が世界中で研究されています。その一つにフコイダン療法と呼ばれる治療法があります。フコイダンは海藻に多く含まれる成分ですが、この成分ががんに対して有効な働きをすると学会でも発表されています。フコイダンはがん細胞へと流れてしまう栄養のストッパーとしてくれ、消失することなく増え続ける特性を持つがん細胞へ直接攻撃し破壊してくれるのです。また、抗がん剤や放射線治療によって低下してしまった免疫力を正常にする働きも有しているため、最近ではがん治療として正式に導入を検討している医療機関が増えていますし、実際に推奨している専門医院も増えてきているのです。抗がん剤のように副作用がなく、むしろ抗がん剤と放射線治療の副作用を抑える効果を持っています。画期的ながん治療方法として更に注目が高まることが予想されているのです。